Web会議システム POWERLIVE3

TOP > Web会議システム POWERLIVE3

出張を抑えて経費削減、移動時間を無くして業務効率アップ、遠方の顧客との打合せ、在宅勤務支援、など数々の理由により、今、Web会議システムを導入する企業や学校が増えています。

導入時は週一回の社内遠隔会議のためだけに使用されていたものが、使い慣れてくると、その利便性の高さから、「コストを気にすることなく、もっと頻繁に使いたい」という要望に変わるようです。

「POWERLIVE3」は、まさにこのような「コストを気にせず、徹底的に使いたい」人達のためのWeb会議システムです。


逆に、残念ながら「POWERLIVE3」は次のような用途の方々には不向きです。

Web会議を月に数回しか
使わない人たち

POWERLIVE3は、24時間・365日使い放題によるコストメリットを提供するものです。利用頻度の少ない場合は、他社が提供している、利用時間に応じた従量課金制のシステムをお使いいただくのが適しています。

サーバーの準備などを
一切やりたくない人たち

POWERLIVE3は、サーバー・インストール型のソフトウェアです。お客様の用意されたサーバー上で稼動させることによりコスト削減を実現するものです。頻繁にWeb会議を開催する方々は、サーバーを準備する多少の手間をかけても、それを大きく上回るコスト削減効果を得られます。


コストを気にせず徹底的に使いたい人たちに最適な2つの理由

5つの会議を同時開催可能


POWERLIVE3は、同時に5つの会議が開催できます。
Web会議室が別の予約で埋まっていて開催できない、といった不便さを解消します。

2人用ルームのイメージ図 4人用ルームのイメージ図 5人用ルームのイメージ図 10人用ルームのイメージ図

どれだけ使っても定額固定料金

POWERLIVE3は、利用頻度が高くなると大きなコスト負担になる従量課金制をとっていません。頻繁に使う人達にとっては、使い放題・定額固定料金が圧倒的に有利です。

POWERLIVE3は、次の表の通り、小さな負担額で導入いただけます。しかも、これは、5つの会議室が使える料金です。他社の一つの会議室より安い料金で、5つの会議室が使える圧倒的コストパフォーマンスが提供されます。

5部屋使えて初期費用98万円。2年目以降のランニング費用18万円/年

(税別)
  初期費用
(初年度)
年間ランニング費用
(2年目以降、年間)
アカデミック ※1 98万円 18万円
一般企業 146万円 24万円


※1)アカデミックは、教育関係者さま向けの価格です。詳細はアカデミック版ご利用案内をご覧ください。

※Flashでのライブストリーミングに不可欠なサーバーソフトウェア「Adobe Flash Media Interactive Server 585,000円」は上記価格に含まれています。

※上記以外に必要なもの

  • サーバー
  • インターネット回線(回線:10Mbps占有/帯域保証)

 サーバーの構成については動作環境をご確認ください。

POWERLIVE3の機能を4分で理解するビデオ

パソコン、インターネット回線、Webカメラをご用意いただくだけ

パソコンイメージ図

POWERLIVE3は、インターネット上で、複数ユーザーによる「会議」や「打ち合わせ」を実現する「ウェブ会議システム」です。既存のパソコンとインターネット回線だけで稼動します。特別な機械を導入する必要はありません。そのため、会議室からでも、自分の席からでも、自宅からでも、あるいは、外出先からでも、いつでもどこでも利用することが可能です。


お互いの顔を見ながら話す。資料やホワイトボードの書き込みも共有

フェイストゥフェイスのイメージ図

Web会議システムPOWERLIVE3では、各パソコンからカメラ映像やマイク音声を配信できます。お互いの顔を見ながら、声を聞きながら会話をする、「テレビ会議」の機能を備えています。それに加えて、資料を共有し、ホワイトボードに書き込むなど、遠隔での会議を円滑に進めるための豊富な機能が備わっています。


つまり、通常Web会議に必要な機能は全て標準で備えています。

POWERLIVE3が提供する3つの優れた機能

細かい文字でもハッキリ読めるドキュメント共有

Web会議システムPOWERLIVE3の高品質なドキュメント共有を是非お試しください。他社製品とはまるで違う、高品質な「使えるドキュメント共有」を体験できます。POWERLIVE3では、PowerPointやWord、PDFなどのファイルを高品質なFlashベクター形式に自動変換して使用します。

POWERLIVE3(ベクター方式)

Web会議 文章比較画像2 Web会議 表比較2 Web会議 グラフ比較2

他社製品(ビットマップ方式)

Web会議 文章比較画像1 Web会議 表比較画像1 Web会議 グラフ比較1

細かい文字でもハッキリ読め、ページの移動や拡大・縮小も実にスムーズ。ドキュメントを静止画イメージに変換する他社製品とはクオリティが違います。


ソフトをインストールせずに、WindowsでもMacでも動作

Windows、Macで動作します

Web会議システムPOWERLIVE3は普及率98%のFlashプレイヤー上で動作します。したがって追加ソフトウェアのインストールは一切不要です。また、OSの種類やブラウザの種類も選びません。OSはWindowsでもMacでも、ブラウザはIEでもFirefoxでもSafariでも動作します。

従来、多くの利用者がWeb会議の動作環境の問題に苦しめられてきました。今、POWERLIVE3はそのような問題から利用者を解放します。誰とでも、いつでも、すぐに使えるWeb会議が実現できます。

動作環境の詳細はこちら≫



API接続で他システムとの連結が容易

お客様の既存システムを活かせるので、無駄な費用がかかりません

Web会議システムPOWERLIVE3はグループウェアやSNS、Active Directoryなどとの連結を容易にするためのAPIをサポートしています。既存のシステムを活かせるので、無駄な費用がかかりません。さらに、利用者データベースや会議予約を一元管理できるので利便性が高まります。

※API接続:POWERLIVE3を他のソフトやシステムと連結して、動作できるようにすること

API接続の例

API接続の詳細はこちら≫

API接続事例

株式会社 電通様

Web会議システムPOWERLIVE3は、電通様の社内会議用システムに採用されています。ユーザー管理を行うActive Directoryを使った既存の社内データベースと連結しました。

KVH株式会社様

日本国内はもとより、インドや中国などの海外との会議にもPOWERLIVEを活用されています。Active Directory を使った人事データベースと連結しました。


株式会社 システム・テクノロジー・アイ(STI)様

STI様が提供する学習管理システム「iStudyOnDemand」とPOWERLIVEを連結しました。

これにより、学習管理システムから、ライブ型研修の予約と開催ができるようになりました。

エスエイティーティー株式会社様

SATT様が提供する学習管理システム「smartFORCE」とPOWERLIVE3を連携。学習管理システムから、ライブ型研修を実現するeラーニングサービスの提供を開始しました。


ページの上部に戻る

お探しの情報は見つかりましたか?
ご質問・ご要望は、 ロゴスウェアへお気軽にお問い合わせください。 お問い合わせはこちら>>