製品情報

TOP > 製品情報 > 機能詳細

1セミナーの運営管理

Webセミナーを開催するには、セミナーの告知、参加者募集、招待者へのお知らせなどの運営に関わる事前準備も欠かせません。LOGOSWARE GigaCast Cloudでは、これらのセミナーの運営管理を楽にする支援機能が備わっています。

3タイプのセミナーが開催可能

LOGOSWARE GigaCast Cloudでは、招待セミナー、申込セミナー、オープンセミナーの3タイプのセミナーが開催可能です。

  • 招待セミナー:参加者を特定の招待者のみに限定
  • 申込セミナー :セミナーを告知し申し込みした人のみが参加可能
  • オープンセミナー:事前申し込み無しにセミナー当日参加が可能

*申込セミナー開催は共有クラウド販売のみの機能です。

告知Webページと申し込みフォームを自動生成

申込セミナーでは、開催セミナーを登録すると自動的に告知用のWebページと申し込みフォームを生成できます。告知ページに掲載する文章や申し込みフォームの項目はGigaCast Cloudのセミナー管理画面で簡単に変更できます。

告知Webページでは、設定した募集人数に達するまで申し込みを受け付けられます。

また、どのセミナータイプでも、告知バナーとして使える埋め込み用HTMLコードも自動生成されるため、ブログやSNS、自社Webサイトにセミナー告知バナーを設置するのも簡単です。

*この機能は共有クラウド販売のみの機能です。

メール配信機能

招待セミナーと申込セミナーでは、招待者や参加予定の人に一斉メールを配信できます。

セミナー情報やセミナー参加方法、視聴環境の案内などの定型文が用意されているためスピーディーにお知らせメールを配信できます。

参加予定者の中から特定の人を選んでリマインドメール等を送ることも可能です。

招待セミナーの招待者はCSVファイルで一括登録できます。

*この機能は共有クラウド販売のみの機能です。

アンケートの実施

申込セミナーでは、申し込みフォームにアンケートをつけることができるので、事前に参加者の要望をヒアリングしておき、充実したセミナーを開催できます。

どのセミナータイプでも、セミナー後のアンケートを参加者へ送ることができるので、今後どのようなセミナーを開催したら喜ばれるのか等の需要を把握可能です。

参加者へのアンケートは、セミナー実施前、セミナー配信中、セミナー後のタイミングで実施できます。

*セミナー前後のアンケートは共有クラウド販売のみの機能です。

出欠確認

セミナー終了後、出欠を一覧表示して確認できます。

誰がセミナーを視聴したのかはもちろん、視聴を開始した時刻や視聴時間などの情報も確認可能です。

セミナーレポート機能

セミナー終了後、各種のセミナー情報がPDF形式のレポートとしてダウンロードできます。レポートでは、参加者数、チャット履歴、いいね!数などがグラフ化され、時間別に分析できるようになっています。

2高画質な映像・資料配信

小さな配信帯域でも高画質

小さな配信帯域で出来るだけ映像品質を上げるためのシステム的な工夫が施してあります。そのため、他社の同様のシステムに比べて高い品質の映像配信が可能です。

解説ビデオ(YouTube)

細かい文字もはっきり読める

資料は表示品質に優れたベクター形式で表示されます。そのため、細かい文字もストレスなく読むことができます。

オンラインセミナー内で配信する資料は、Flashベクター形式に自動変換されます。PowerPoint、Word、PDFなどのドキュメントをGigaCastに登録すると自動的に変換されるので、講師側の負担はありません。

解説ビデオ(YouTube)

拡大やページ送りを共有

講師は資料に対して、拡大・縮小、ページ移動などを行えます。資料の操作はリアルタイムに受講者と共有されます。

解説ビデオ(YouTube)

ペンツールで資料に書き込み

講師は資料の上に文字や図を書きながら説明を進めることができます。ペンは12色あり、曲線、直線、四角、楕円を選択可能です。また、文字を入力することもできます。

解説ビデオ(YouTube)

パソコン画面の配信

パソコン画面をそのまま配信できるので、パソコンの操作方法の説明などに役立ちます。

3セミナーの録画

ペン書き込みやチャットも丸ごと録画

ライブ配信した内容は丸ごとサーバーに録画できます。説明スライドや講師映像のほか、ペン書き込み、カーソル、チャット、BGM、画面レイアウト切り替えも記録されるため、実際に行ったセミナーを完全再現した録画コンテンツが出来上がります。

録画コンテンツのサンプル

解説ビデオ(YouTube)

録画データの簡易編集

録画データの不要部分をカットしたり、オープニング画像を追加する簡易的な編集機能が備わっています。

LOGOSWARE GigaCastなら他の編集ソフト等を使わずに、ライブセミナーの配信から録画、編集、録画セミナー配信、録画セミナー配信の閲覧ログ分析まで一貫して行えます。

録画データはMP4形式でダウンロード可能

録画したセミナーはMP4形式でダウンロードできます。

YouTubeや自社Webサイトへアップロードするなど自由にご活用いただけます。

*この機能は共有クラウド販売のみの機能です。

解説ビデオ(YouTube)

4録画のオンデマンド配信・閲覧ログ分析

3種類の録画セミナー配信方法

録画したセミナーはオンデマンド配信できます。

録画セミナーの配信方法は、以下の3種類から選択可能です。

  • 1メール招待型配信

    録画セミナーを特定の人だけに公開できます。

    録画セミナーを公開したい人ごとに個別の閲覧用URLが発行され、案内メールが送信されます。 案内メールの受信者ごとに、録画セミナーの閲覧の有無を確認できます。

  • 2オープン配信
    (閲覧者の情報を取得する)

    録画セミナーをオープンに公開し、閲覧時に閲覧者の情報を取得することができます。

    閲覧者は、録画セミナーにアクセスすると、閲覧に先立ち、入力フォームへの記入(名前、会社名など)が求められます。

  • 3オープン配信
    (閲覧者の情報を取得しない)

    録画セミナーをオープンに公開し、閲覧者の情報も要求しません。

    録画セミナーのURLを知っている人すべてが自由に閲覧できます。

*「1.メール招待型配信」と「2.オープン配信(閲覧者の情報を取得する)」は共有クラウド販売のみの機能です。専用クラウド販売は「3.オープン配信(閲覧者の情報を取得しない)」のみに対応しています。

録画セミナーの配信サーバーを提供

録画セミナーの配信用サーバーはロゴスウェアが提供するため、お客さまが別途サーバーを用意する必要はありません。

録画セミナー配信用プレイヤーにはバナーや資料請求フォームも付けられます。

解説ビデオ(YouTube)

録画セミナーの閲覧ログ分析NEW

録画セミナーの閲覧数や資料請求率、閲覧デバイス、離脱箇所などの統計データを取得する機能が備わっています。

メール招待型配信の場合は、招待者一人ひとりの閲覧の有無、資料請求の有無を把握できます。

オープン配信(閲覧者の情報を取得する)の場合は、フォームに入力された閲覧者の情報(名前、会社名等)や資料請求の有無が確認できます。

また、各閲覧情報はCSVファイルでダウンロードが可能です。

*この機能は共有クラウド販売のみの機能です。

5安定した配信

配信回線冗長化で安定性を向上

LOGOSWARE GigaCastには、配信に利用するインターネット回線を複数から選択できる機能が備わっています。万が一、ある特定の回線に障害が発生しても、別の回線に切り替えることにより、配信を継続できるようになっています。

6その他の機能

バナー設定

セミナー画面にバナーを表示できます。会社のWebサイトや製品情報サイト等へ誘導できます。

開始前・終了後画面の設定

セミナー開始時間前に受講者がセミナーURLにアクセスすると「準備中」の表示とともに、管理者があらかじめ設定しておいた画像が表示されます。

同様にオンラインセミナーの終了後にアクセスすると終了後画面が表示されます。

BGM

音楽や効果音などを登録しておき、セミナー中にワンクリックでBGMを流せます。

解説ビデオ(YouTube)

APIで他システムと連結可能

お客さまがご利用しているユーザー管理システムやスケジュール管理システムなどとLOGOSWARE GigaCastを連結させることができます。システム全体に統一性、独自性、カスタマイズ性を持たせることが可能です。

APIの詳細

*APIは専用クラウド販売のみに対応しています。

1幅広い閲覧環境

パソコン、スマートフォン、タブレットで閲覧可能

LOGOSWARE GigaCastで配信されるライブセミナーは、パソコンはもちろんのこと、多くのモバイルデバイスでも閲覧できます。外出中、出張中、顧客訪問中の人たちも参加できるようになり、セミナーのスケジュール調整の悩みが解消されます。

モバイル用アプリの詳細

解説ビデオ(YouTube)

2資料の閲覧

資料の非同期閲覧

視聴者は自分が見たいページを開いたり、拡大表示も可能(他の受講者には共有されません)。また、資料のダウンロードや印刷もできます。

1コミュニケーション機能

文字チャット

参加者同士のコミュニケーションのために、文字チャット機能がついています。文字チャットには、荒らし防止策がとられており、講師側から利用制限を加えることも可能です。

解説ビデオ(YouTube)

質問

文字チャットとは別に、視聴者と講師間の質問・回答専用の機能がついています。視聴者は、直接講師に質問を送ることができます。

解説ビデオ(YouTube)

メッセージ配信

講師から参加者全員へメッセージを送れます。講師がメッセージを配信すると、視聴者の画面にメッセージがポップアップ表示されます。

気分ボタン

参加者同士のコミュニケーションをより気軽に行うために気分ボタン(いいね・ビミョー)をお使いいただけます。

解説ビデオ(YouTube)

アンケートの実施・結果表示(セミナー配信中)

セミナー開催中に視聴者の画面にアンケートを表示できます。

アンケートの回答結果はリアルタイムに自動集計され、配信者は結果のグラフをセミナーの最中に視聴者に見せることもできます。

解説ビデオ(YouTube)

2その他の機能

レイアウト切り替え

視聴者は「レイアウト変更ボタン」を押して画面レイアウトを変更できます。また、講師が選択したレイアウトを全視聴者の画面に表示させることも可能です。

ページの上部に戻る

お探しの情報は見つかりましたか?
ご質問・ご要望は、 ロゴスウェアへお気軽にお問い合わせください。 お問い合わせはこちら>>