バージョンアップ予定

TOP > バージョンアップ予定

更新日:2020年9月10日

提供予定日、バージョンアップ内容は、変更になる場合があります。
最新状況は本ページで随時更新していきます。


GigaCast(共有クラウド)

バージョン 提供予定日 内容
1.5.0
リリース済み
8月23日
リリース済み

参加者画面・講師画面・管理画面()の非Flash化対応が完了します。
これにより以下を実現します。※管理画面のレポート作成機能のみ、2020年中対応予定

  • FlashPlayerが不要になります。
  • モバイル閲覧時の専用アプリが不要になります。
  • 配信側の講師画面がPCアプリ化(セミナー配信ツール)となり、ブラウザの制約がなくなります。
1.6.0 調整中
  • カメラ、マイクなどの配信チェックがいつでも実施できるようにします。
  • セミナー作成のユーザーインタフェースを分かりやすく変更します。

非Flash化対応の詳細はこちら


GigaCast(専用クラウド)

バージョン 提供予定日 内容
2.2.0
リリース済み
7月6日
リリース済み

配信画面の非Flash化対応が完了し、配信時のFlashPlayerが不要になります。

  • 講師画面がアプリ化されます。そのため、配信側のブラウザによる制約がなくなります。
  • GigaCastエンコーダーが不要になります。GigaCastエンコーダーの機能は講師画面に追加されます。※
    ※現在リリース中のGigaCastエンコーダーは利用できなくなります。

    管理者用の管理画面の非Flash化はバージョン2.4.0で対応予定です。
2.3.0 2020年10月
  • 動画ファイルやパソコンのデスクトップ操作をセミナー中に配信できる機能を標準搭載します。
  • 動画配信拡張オプション(ManyCam)が不要になります。
  • 音声品質を向上させます。
2.4.0 2020年11月
  • 管理画面を非Flash化します。
    GigaCastで利用する3つの画面のうち、参加者画面、講師画面は非Flash化が完了しています。
    これによりGigaCastすべての非Flash化が完了し、FlashPlayerが不要になります。
  • Flash配信版のGigaCastに搭載されていた未実装の機能を追加します。
    ・スライドエリアにテキストが挿入できるようになります。
    ・ペンツール描写を前に戻る機能(Undo・redo)が追加されます。
    ・配信者の画面、参加者の画面の映像エリアの音量をOFFできるようになります。

非Flash化対応の詳細はこちら

ページの上部に戻る

お探しの情報は見つかりましたか?
ご質問・ご要望は、 ロゴスウェアへお気軽にお問い合わせください。 お問い合わせはこちら>>