製品情報

TOP > 製品情報 > 価格 > ポイント消費の仕組み
  • 視聴者1人が1分視聴すると1ポイント消費します。「予約人数 × 予約時間」ではなく「実視聴者数 × ひとりひとりの実視聴時間」でポイントを消費します。
  • 1回のセミナーごとに最低消費ポイントがかかります。1回のセミナーのポイント消費が800ポイント未満の場合は800ポイントが消費されます。

\例を見てみましょう/

予約枠で計算した6,000ポイントではなく
実際に視聴された人数×時間の2,000ポイントを使うので
無駄がありません

\必要に応じて下記のポイントが必要となります/

  • リハーサルリハーサル実施1回につき100ポイント必要です。
  • 配信用の録画配信用の録画と1ヵ月間の配信に「開催時間×40ポイント」必要です。
  • ダウンロード用の録画ダウンロード用にMP4ファイルとして録画するのに「開催時間×70ポイント」必要です。

ポイント消費についての詳細


1セミナー予約

  • セミナー予約時にポイントがいったんひかれ、使わなかった分はセミナー終了後に戻ります。
    予約時(=セミナー新規作成時)には、「予約人数 × 予約時間」でいったんポイントが消費されます(800ポイントを下回る場合、800ポイント)。セミナー終了後「実参加者数 × ひとりひとりの実参加時間」を計算し、予約時に消費したポイントよりも実際の使用ポイントが低い場合は、差分が返還されます(800ポイント以上の場合)。
  • セミナー予約時にポイント残高が足りない場合はセミナーを予約できません。事前にポイントを購入してください。

2リハーサル

  • 予約済みのセミナーに対して1時間までのリハーサルを実施できます。
  • リハーサルを行ったけれど本番セミナー予約時刻の3時間前までにキャンセルした場合は、最低消費ポイントの800ポイントは消費されず、「リハーサル回数分 × 100ポイント」のみを消費します。

3録画

配信用データとして録画する場合

  • セミナー予約時に暫定ポイント「セミナー予約時間(分)× 40ポイント」が一時的に消費されます。セミナー終了後、実際の開催時間に応じて最終的な録画ポイントに精算されます。
  • 録画データの配信・保持は1ヵ月間です。延長したい場合は、保持期間内にセミナー詳細画面より延長期間を選択することで、指定期間が延長されます。
  • 配信期間を延長した際、「延長期間(月)× セミナー開催時間(分)× 40ポイント」が消費されます。
  • 録画の視聴ではポイントは消費されません。

ダウンロードデータとして録画する場合

  • セミナー予約時に暫定ポイント「セミナー予約時間(分)× 70ポイント」が一時的に消費されます。セミナー終了後、実際の開催時間に応じて最終的な録画ポイントに精算されます。
  • 録画時間編集機能で録画を短くした場合、短くした分のポイント返還は行いません
  • ダウンロードしたMP4データは、期間や利用用途の制限なくご利用いただけます。
  • MP4データをダウンロードする作業ではポイントは消費されません。

4セミナー時間が長引いた場合

  • セミナーが延伸する場合、予約した終了時間の最長1時間まではセミナーを継続できます。終了後に「実参加者数 × ひとりひとりの実参加時間」でポイントが清算されます。
  • 清算時にポイント残高が足りない場合は「マイナス」がポイント履歴に記録されますので、2週間以内にポイントを追加購入してください。

5セミナーをキャンセルした場合

  • セミナー開催時刻の3時間前までキャンセルが可能です。
  • キャンセルした場合、セミナー予約時に消費された暫定ポイント(最低消費ポイント800ポイントを含む)はすべて返還されます。
  • セミナー開催時刻の3時間前を過ぎ、キャンセルできなかった場合、最低消費ポイント800ポイントが消費されます

6セミナーを登録したけれど開催しなかった場合

  • セミナーを開催しない場合、セミナーの予約をキャンセルしてください。
  • セミナーの予約をキャンセルせずにセミナー開始時刻の3時間前を過ぎた場合、セミナーを開催しなくても最低消費ポイント800ポイントが消費されます

ページの上部に戻る

お探しの情報は見つかりましたか?
ご質問・ご要望は、 ロゴスウェアへお気軽にお問い合わせください。 お問い合わせはこちら>>